東京五輪を一年後に控え、コカ・コーラ社は六日、松本市中央のイオンモール松本で聖火ランナー体験ツアーを開いた。来年の聖火リレーで使われる予定のトーチに触れたり、歴代のトーチを展示したりするイベントで、多くの親子連れでにぎわった。

 同社は五輪パートナーとして一九二八年のオランダ・アムステルダム五輪から支援を続け、東京五輪では聖火リレーの参加者も公募している。東京五輪への機運を高め、聖火ランナーに興味を持ってもらおうと、六月から全都道府県で体験ツアーを開いている。

 聖火リレーのトーチは桜をモチーフにしたアルミ製。長さ七十一センチ、重さは火のついた状態で一・二キロと...    
<記事全文を読む>