冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会(岩田圭剛会長)などが来年2月、札幌市の大通公園で初開催するクロスカントリースキー大会「都心クロスカントリー競技大会」(仮称)の概要が決まった。「さっぽろ雪まつり」終了後の16日、大通西6~9丁目の1周約1キロのコースで行う。来年は小中学生対象のジュニア大会とし、市中心部での競技で2030年冬季五輪・パラリンピック招致の機運の盛り上げを図る。

 コースは雪まつりの残雪を利用して整備。大通公園内を通るほか、交通規制をして大通北側の一部公道を使用する。公園を区切る公道も通行止めにし、周回するコースをつなげる。

 16日は...    
<記事全文を読む>