赤磐市内で強化合宿を行っているホッケーのニュージーランド女子代表チームが6日、市役所を表敬訪問した。9月にオーストラリアで行われる東京五輪オセアニア予選での出場権獲得を誓った。

 選手やコーチら25人が来庁。ニュージーランドの国旗を手にした市職員らからの出迎えを受けた後、市長室で友実武則市長、金谷文則議長らと面会した。

 ステイシー・ミケルセン主将が「(5日にあった歓迎行事での)皆さんのもてなしに感謝している」とあいさつ。「日本の暑さに驚いているが、赤磐の風景はとても美しい。練習を積み、予選を勝ち抜きたい」と決意を語った。友実市長は「成果を期...    
<記事全文を読む>