フットサルのFリーグ1部第12節最終日は4日、北ガスアリーナ札幌46ほかで4試合を行い、前節11位のエスポラーダ北海道は同首位の名古屋に3―2で逆転勝ちした。通算成績は3勝9敗で勝ち点を9に伸ばした。順位は11位のまま。

 エスポラーダは0―1の前半5分、阿部のゴールで追いついた。後半5分に勝ち越しを許したが、直後に三浦が同点ゴールを決め、同7分に十川が決勝点を挙げた。

 次節は18日に大分県立総合体育館で大分と対戦。

...    
<記事全文を読む>