世界三大スポーツイベントにも数えられるラグビーワールドカップ(W杯)の開幕まであと50日を切った。会場の一つとなる神戸市では、官民でつくる神戸観光局などが地元のグルメや文化、自然を満喫できる外国人向けの体験プログラムを25種類も企画。試合後、深夜まで楽しめる飲食店を紹介する観光サイトも立ち上げるなど、神戸の魅力発信へ「おもてなし」の準備を着々と進めている。(長谷部崇)

 ラグビーW杯の開催期間は約6週間で、同じ世界三大スポーツイベントの五輪やサッカーW杯と比べても長丁場。今回は9月20日から11月2日まで全国12会場で激戦が繰り広げられる。熱狂的なファンは各都市を転戦する自...    
<記事全文を読む>