岡山県は1日、6月にチェコであったソフトボール男子の世界選手権で日本代表に加わり、準優勝に貢献した平林金属クラブ(岡山市)の松田光(32)、井上知厚(25)、宇根良祐(23)、八角光太郎(22)の4選手と吉村啓監督(42)に県スポーツ特別顕賞を贈った。

 県庁で伊原木隆太知事が賞状と記念のブロンズ像を手渡し、「世界の舞台で成果を出してくれたことが誇らしい。ますますの活躍を期待しています」とたたえた。代表して井上選手が「日本のソフトボール界の躍進につながる戦いができた。また岡山に明るいニュースを届けたい」と述べた。

 同選手権で日本代表は過去最...    
<記事全文を読む>