函館でのプロスポーツの試合開催が相次いで見送られている。サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌、プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズに続き、バスケットボールBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道も今季試合を行わない。市内の競技場の座席が少なく収支が厳しいなど、さまざまな事情を抱えるが、地元ファンから残念がる声が上がる。

 「函館で毎年試合を見てプロの動き方を学んでいた。試合がないのはショック」。函館中部高2年で女子バスケ部の梶谷凜花さん(16)は、レバンガが今季函館で試合を行わないと7月上旬に発表したことについて、ため息を漏らした。

 レバンガは2015~1...    
<記事全文を読む>