9月20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会まで8月1日で残り50日。NHK「ニュースウオッチ9」の天気コーナーに出演しているイケメン気象予報士の斉田季実治氏(43)は、熊本・済々黌高ラグビー部出身で県選抜チームに選ばれるほどのハードタックラーとして鳴らした。ラグビーは天気がプレーに大きく影響する。斉田氏はW杯期間中の厳しい残暑とともに、高温多湿の気候も日本代表を後押しすると“予報”した。(取材・構成=大窪正一)

■トライよりタックルに喜び成功体験つかむ

 ‐ラグビーは「黄戦(きなせん)」の愛称で知られる熊本・済々黌高から始めた...    
<記事全文を読む>