小樽カントリー倶楽部(銭函3)で29日に4日間の日程で開幕する女子プロゴルフツアートーナメント「第10回ニトリレディス」(ニトリ主催)の前夜祭が27日、小樽芸術村(色内1)の旧三井銀行小樽支店で開かれ、出場選手や全国の企業経営者ら約200人が出席した。

 ニトリ所属選手のうち4人がニトリホールディングス(札幌)の似鳥昭雄会長と共に登壇し、抱負を述べた。北広島市出身の小祝さくら選手はニトリレディスを含む今後のツアーについて「まだまだ試合が続くので頑張っていきたい」と話した。来賓の鈴木直道知事は「多くのギャラリーを魅了し大会を盛り上げてほしい」と選手に呼びかけた。

...    
<記事全文を読む>