ゴルフの日本ジュニア選手権は16日、埼玉県の霞ケ関CCで最終ラウンドが行われ、男子12~14歳の部(6877ヤード、パー71)で吉沢己咲(群馬県・藤岡北中3年)が通算1アンダーで2連覇を達成した。日没サスペンデッドで前日中断、この日再開した第2ラウンドを終え、首位と2打差の通算2オーバーからスタートした吉沢は4バーディー1ボギーの68で回り、逆転に成功。連覇の重圧に負けぬ平常心が光った。

◎ショットの修正で手応え 逆転の優勝
 初日から首位を守って優勝した昨年と異なる展開だったが、「周りのスコアは気にしないでいこう。追うのも追われるのも変わらない」と気負...    
<記事全文を読む>