「ひなこおめでとう」「勇気をもらった」―。AIG全英女子オープンで優勝し、快挙を成し遂げた渋野日向子選手(20)。地元岡山でも5日、歓喜に沸き、感動や賞賛の声が相次いだ。西日本豪雨で被災した出身地の岡山市東区平島地区では「励まされた」との声も聞かれた。

 「今は『お疲れさま』といつもと変わらない言葉を掛けたい」

 岡山市東区の自宅で観戦した渋野選手の母・伸子さん(51)は安堵(あんど)した様子で話す。試合の日は毎朝、平常心で臨めるよう無料通信アプリLINE(ライン)で「今日も笑顔で」というメッセージを送った。「初のプロテストで合格できなかった...    
<記事全文を読む>