女子ゴルフの渋野日向子選手がAIG全英女子オープンを制した快挙に5日、母校の作陽高関係者や後輩のゴルフ部員も喜びを爆発させた。

 津山市八出の同高には朝から祝福の電話が鳴り、職員は終日対応に追われた。テレビで観戦していた野村雅之校長(52)は「ぶっちぎりの展開ではなく気が抜けなかったが、持ち前のメンタリティーの強さを存分に発揮してくれた。慢心することなく自分の目指すべき道を追い求め続ければ、スポーツ界のレジェンドになれる」とエールを送る。

 同高は今後、優勝を祝う懸垂幕を校舎に掲げるほか、冬のオフシーズンに渋野選手を招いて優勝報告会を開きたい...    
<記事全文を読む>