渋野の笑顔が脚光を浴びたのは、ツアー初優勝を国内メジャー大会で飾った5月のワールド・サロンパス・カップだった。初めて記者会見場に呼ばれ、居並ぶ記者を目にして「何これ。怖ーい、キャハハ」と、いきなり大笑い。優勝で全英オープン出場権を得る可能性が高くなったことを教えられると「知らなかった。全英に行きたーい!」と大喜びし、屈託のなさに報道陣はたちまち魅了された。

 それからわずか3カ月。その笑顔は海外メディアから「スマイリングシンデレラ」と表現されるほどに広がった。ただ、この笑顔が誕生するまでにはさまざまな葛藤があった。渋野は2017年のプロテストで合格確実といわれながら、崩れて...    
<記事全文を読む>