北海道マラソン2019(北海道陸上競技協会、北海道新聞社などでつくる組織委員会主催)が25日、札幌市で行われ、男子は松本稜(トヨタ自動車)が2時間12分57秒、女子は和久夢来(みらい)(ユニバーサルエンターテインメント)が2時間33分44秒で、それぞれ初優勝を飾った。

 フルマラソンには1万8011人がエントリー。中央区大通西4を出発し、市内中心部や北大構内などを通り大通公園に戻る42・195キロのコースで行われた。フルマラソンの視覚障がい者の部は2020年東京パラリンピック視覚障がいマラソン代表推薦選手の選考レースになっている。(記録は速報値)

...    
<記事全文を読む>