レースごとにチーム記録を更新してきた伊東南(中井、磯川、大川、藤井)が、女子400メートルリレーで銅メダルを獲得した。
 決勝で最高のバトンパスを披露した。「(バトンを)もらうのも渡すのもどちらもうまくいった」と2走磯川は納得の表情を浮かべ、4走藤井も「今までで一番だった」と振り返った。このメンバーで組んだのは7月の県中学総体から。結成1カ月とは思えないチームワークの良さが光った。
 大会前の記録は49秒12。予選は48秒45で、決勝は48秒16。着実に記録を伸ばした。それでもリレー主将の磯川は「いつも通り落ち着いて走ろう」と冷静だった。優勝は中学記録を出した桐蔭(...    
<記事全文を読む>