北海道マラソン2019(北海道陸上競技協会、北海道新聞社などでつくる組織委員会主催)は25日、札幌市中央区の大通公園を発着点とする42・195キロのコースで行われる。フルマラソンは1万8011人がエントリーし、ファンラン(12・1キロ)と合わせ、大会史上最多の2万1255人が夏の道都を駆け抜ける。

 ランナーは午前9時に札幌市中央区大通西4をスタート。中島公園、創成トンネル、新川通、北大キャンパスを通り、大通西8のゴールを目指す。

 招待選手は、男子がギザエ・マイケル(スズキ浜松AC)ら7人、女子は猪原千佳(肥後銀行)、和久夢来(みらい)(ユニバーサルエンターテ...    
<記事全文を読む>