21日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕した全日本中学校陸上競技選手権大会に、穴水町穴水中学校陸上部3年の三柳遥暉さんと小林公輝さんが初めて出場する。2人は自己ベスト更新で上位に進むことを目標に、闘志を燃やしている。(田井勇輝)

 三柳さんは男子400メートル、小林さんは男子110メートル障害に出場する。両種目とも二十三日に予選、二十四日に準決勝と決勝がある。

 三柳さんは、学生時代に陸上部だった父親の影響もあり、小学六年から陸上チームで本格的に競技を始めた。中学進学後は100メートルや200メートルに取り組んできたが、今年四月から400メートルにも挑戦。顧...    
<記事全文を読む>