陸上のナイター競技会「Athlete Night Games in FUKUI(アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイ)」(福井新聞社特別協賛)が8月17日、福井県福井市の9・98スタジアムで開かれた。男子走り幅跳びと男子110メートル障害で日本新記録が相次ぎ、真夏の夜に集った約1万人の陸上ファンを熱狂させた。

 男子走り幅跳びでは1992年に出された8メートル25の日本記録を、20歳の橋岡優輝選手(日大)が1回目の試技で7センチ塗り替えた。3回目では24歳の城山正太郎選手(ゼンリン)がさらに上回り8メートル40で優勝した。

 男子110メートル障害は24歳...    
<記事全文を読む>