レバンガ北海道は22日、帯広市総合体育館で合宿をスタートさせ一般公開した。新外国籍選手のカミングスとミークスも合流。帯広市出身の多嶋ら、全13選手が参加して約30分間、汗を流した。

 初日は約40分のミーティングの後、ストレッチやシュートといった軽い練習を行った。7月下旬の合宿で右もも裏を負傷し、別メニューだった主将の桜井も、この日は全メニューをこなした。桜井は「新外国籍選手も溶け込もうとしてくれている。全員そろって、これからチームになっていく」と話した。

 レバンガはゴール下の強さがある208センチのミークス、Bリーグトップクラスの得点力を誇るカミングスを獲得...    
<記事全文を読む>