レバンガ北海道は21日、今季新たに入団するセンター兼パワーフォワード(PF)のケネディ・ミークス(24)=背番号1=と、スモールフォワード兼PFのマーキース・カミングス(30)=同2=の会見を札幌市内で行った。

 ミークスは米ノースカロライナ大卒業後の2017~18年シーズンは、米プロバスケットボールリーグNBAの下部リーグでプレー。昨季はB1三河に所属し37試合で1試合平均11・0リバウンドを記録しており、ゴール下での活躍が期待される。機動力も持ち味で「リバウンドでリーグトップになりたい」と話す。

 米国出身のカミングスはフィリピン、韓国などでプレーし、昨季は...    
<記事全文を読む>