【宇都宮】プロバスケットボールBリーグの宇都宮ブレックスはこのほど、泉が丘小体育館でバスケットボールクリニック「ブレックスキャラバン」を開き、小学生約50人が参加した。

 クリニックは未来のバスケットボール選手育成が目的で、今年は足利、矢板、さくら市などでも開催。今回は今年最後の開催で、日光市出身の橋本晃佑(はしもとこうすけ)選手(26)やスクールコーチが、パスの受け方やシュート技術などを指導した。終了後にはチームスポンサーの栃木銀行とのコラボレーションTシャツが参加者に贈られ、サイン会も行われた。

 橋本選手は「僕たちが子供の頃には習わなかったような技術も教え...    
<記事全文を読む>