バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは17日、鶴岡市小真木原総合体育館でプレシーズンゲームに臨み、仙台(同地区)に66―87で敗れた。

 山形は中島良史、古橋広樹、チュクゥディエベレ・マドゥアバ厶、河野誠司、伊沢実孝が先発した。第1クオーター(Q)で1点先行した山形だったが、2、3Qでそれぞれ10点前後のリードを積み上げられ、最終Qで巻き返しを図ったが及ばなかった。

 古橋は11得点、マドゥアバ厶は10得点13リバウンドだった。

 河合竜児ヘッドコーチは「21点差の敗戦となり悔しい。(201...    
<記事全文を読む>