31日に中国で開幕するバスケットボールのワールドカップ(W杯)で、日本代表候補に選ばれている川崎ブレイブサンダース所属選手の壮行会が15日、川崎市中原区のこすぎコアパークで開かれた。篠山竜青選手とニック・ファジーカス選手が参加し、大舞台へ臨む決意を語った。

 2月まで開催されていた予選で、主将としてチームを率いた篠山選手は「バスケ界にとってW杯と(来年の東京)五輪はビッグイベント。予選からテレビの地上波で放映されるなど注目を集めている。本戦まであと2週間。いい準備をしていきたい」と述べた。

 昨年4月に日本国籍を取得し、得点源として本戦出場へ...    
<記事全文を読む>