昨季、頼れる司令塔の不在に泣いたバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツに、心強いポイントガードが加わった。同じ東地区のSR渋谷から移籍してきた伊藤駿(29)。攻守の統率、リーダーシップの発揮に期待がかかる。「周りを生かしながら自分も積極的に点を取りにいく。攻守で勝利に貢献したい」と意気込む。
 
 チームが目指す激しいディフェンスを体現し、シュート力とコンビネーションを生かしたオフェンスに磨きをかけたいと考えている。SR渋谷で2シーズン主将を務めた経験から、選手間のコミュニケーションを密にして信頼関係を築くことの大切さも浸透させていくつもり...    
<記事全文を読む>