バスケットボールBリーグ3部(B3)に今季から参入するベルテックス静岡(静岡市葵区)が、児童生徒への指導や競技普及に乗り出している。「試合に足を運んでもらうきっかけにしたい」と選手たち。9月のリーグ戦開幕に向け、静岡のバスケ熱を高めようと力が入る。
 7月下旬、県立静岡高の体育館。チームが主催する初の指導会に中学生約80人が集まった。後藤祥太ヘッドコーチと選手9人が講師を務め、具体的なプレーを交えて戦術などを教えた。市立東中1年の八木勇城さんは「プロに教えてもらうなんて初めて。試合できちんと生かせるように練習したい」と充実感をにじませた。
 チームは教室以外にも地域...    
<記事全文を読む>