バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)参入2年目の岐阜スゥープスは13日、OKBぎふ清流アリーナでB2のFE名古屋とプレシーズンマッチを行い、49―81で大敗を喫した。

 第1クオーターから相手の速攻と堅守に苦しみ点差をつけられた。新加入センターのオウガスティン・オコソンやセンターのビンゴ・メリエックスらとの連係が合わず、第2クオーター終了時には25点差。第3クオーターは、ガードの吉田健太郎がドリブル突破から点差を縮めたが、終盤は再び相手の攻撃を止められなかった。

 岐阜のシーズン開幕戦は9月14日、同アリーナで佐賀と対戦する。

...    
<記事全文を読む>