鶴岡市出身のサッカー選手、鶴見(旧姓坂本)昌平さん(30)が、スペインに隣接する英領ジブラルタルのリーグで日本人初のプロ契約を結んだ。同リーグの優勝クラブは、世界最高峰の欧州チャンピオンズリーグ(CL)への予選出場が認められる。夢の舞台に近づくため、新たな一歩を刻んだ。

 ボールを蹴るきっかけは4歳上の兄だった。懸命に練習を重ね、県内強豪の羽黒高に進むと、2年生で主力に。2度の全国選手権出場を果たした。

 その後の進路に迷いはなかった。中学時代にスペインへの短期留学を経験し、「観戦したCLに感動し、そこで戦うことが夢になった」。卒業後の2008年、単身でスペイン...    
<記事全文を読む>