最下位からの巻き返しを図るチームに頼もしい助っ人が加わった。LAギャラクシー(米国)から移籍したジョーダンマラダ。高いパス技術を武器に、前半戦で振るわなかった攻撃にアクセントを付ける。
 29日の練習。選手たちが少ないタッチで素早くボールを回す意識を高める中、巧みなパスを供給して異彩を放った。シュート練習では力強く足を振り抜いてゴールを狙った。
 「スペースを見つけてスルーパスを出すこと、シュートを打つことが自分の強み。クリエーティブ(創造的)なプレーをチームに生かしたい」と貢献を誓う。合流から約1カ月。「浮いたパスが多い米国に比べ、日本は足元のパスが多く技術が高い...    
<記事全文を読む>