札幌がJ2だった2014年から在籍した元日本代表MF小野伸二選手が11日、J2琉球に移籍しました。毎日顔を合わせていた選手がいなくなるのは寂しい。彼が楽しそうにプレーしているかどうかは、「チームが良いサッカー、良い練習をできているか」を判断する指標でもありました。

 伸二の在籍期間中、札幌は経営規模が大きくなり、J1昇格、残留も果たしました。また、彼の存在でクラブの「格」も上がりました。加入前年の13年は、強化費がわずか3億円。J3のクラブに近いくらいの「格」でしたが、伸二の獲得で「まだまだ札幌は死んでいない」ということを世間に示すことができました。

 伸二はそ...    
<記事全文を読む>