三重県鈴鹿市出身のサッカー男子元日本代表、中西永輔氏が23日、今年からテクニカルダイレクターを務める三重県四日市市拠点の社会人サッカーチーム「TSV1973四日市」(渡邉俊介代表)の練習に初めて参加した。

1973年県リーグ覇者の三重教員サッカークラブを母体とする同チームは、将来のJリーグ入りを視野に今年、サッカーを含む地域総合型クラブへの転身とプロ化を表明。プロ契約第1号の中西氏は月2回程度トップチームへの助言を行うほか、ジュニア世代からの一貫指導にも携わる。

この日の練習は四日市市中央フットボール場で午後7時から行われた。中西氏は進行を手伝いながら約2時間、...    
<記事全文を読む>