サッカー北信越リーグ1部は8月24日、第11節1試合を福井県坂井市のテクノポート福井スタジアムで行い、福井県勢で首位の福井ユナイテッドFCがFC北陸(石川)に3―2で逆転勝ちした。通算10勝1分けとし勝ち点を31に伸ばした。

 福井ユナイテッドは前半、守備の乱れから失点し0―2で折り返した。後半は攻撃のリズムを取り戻し、FW山田雄太のシュートなどで同点とし42分に途中出場のMF蔵田岬平が決めて土壇場で勝ち越した。

 第11節残り3試合は25日に行われ、福井県勢の坂井フェニックスは坂井市丸岡スポーツランドで上田ジェンシャン(長野)と対戦する。福井ユナイテッドの次節...    
<記事全文を読む>