ジャーメインは試合に飢えている。左足のけがで約3カ月間も戦線を離れ、14日のJ3富山との天皇杯3回戦で復帰。出番を求め、与えられた役割で全力を尽くす覚悟だ。本来はFWだが、湘南戦に向けた練習では1列下がった右サイドハーフ(SH)でプレー。SHの一角を務めた関口の離脱などによる危機の打破を担う可能性がある。
 21日の紅白戦。別メニューで調整した道渕に代わり、1回目に右SHに入った。味方選手とタイミングを計りながら勢いよく右サイドを突破。相手守備をかわしてクロスを上げる場面もあった。
 SHは流通経大でプレーした程度。慣れない位置にも「渡辺監督に『シャドー(ストライカ...    
<記事全文を読む>