明治安田J1リーグ第24節第1日の23日、今季2度目の2連勝を狙う15位神戸(勝ち点26)は敵地の駅前不動産スタジアム(佐賀県鳥栖市)で16位鳥栖(同24)と対戦する。鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレスの引退試合として注目されるが、神戸は負けるとJ2との入れ替え戦に回る16位に転落する。「鳥栖のサイド攻撃に注意しないといけないが、ポゼッション(ボール保持)で挑めば、いい結果になる」とフィンク監督。けが明けのビジャのメンバー入りも明言した。

■MFサンペール、フェルナンドトーレス引退試合に意欲

 来日18試合目にしてMFサンペールが本領を発揮した。3-0...    
<記事全文を読む>