9月5日にカシマスタジアムでパラグアイ代表と戦うサッカー男子日本代表の森保一監督(50)が20日、県庁の大井川和彦知事を表敬訪問し、「勝利を目指して最後まで戦い抜く姿勢を見せ、応援してくれる人に笑顔になってもらいたい」と意気込みを語った。

 カシマスタジアムの日本代表戦は2016年11月11日のオマーン戦以来となる。9月10日にワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選初戦のミャンマー戦を控えており、選手選考について森保監督は「コンディションを重視し、ベストを組んでいく」と明言はしなかった。

 パラグアイ代表は南米選手権準々決勝で優勝し...    
<記事全文を読む>