明治安田生命J2第28節(17日)ツエーゲン金沢は金沢市の県陸上競技場でFC岐阜を2-1で下し、2連勝を飾った。前半に大石竜平と垣田裕暉がゴールを決め、後半は1失点に抑えて逃げ切った。
 金沢は序盤から山根永遠が立て続けにシュートを放って相手ゴールに迫るなど積極的に攻めた。23分にはドリブルで切り込んだ山根が倒されて得たPKを大石が決めて先制した。
 その後も攻撃陣がリズムをつかんで攻め込んだ。45分には加藤大樹が左サイドから低いクロスを送り、垣田が右足で合わせて2点目を奪った。後半11分にゴール前の混戦から押し込まれて1点差に詰め寄られたが、守備陣が踏ん張った。<...    
<記事全文を読む>