FW陣が強豪の川崎から後半戦での初得点を狙う。5試合のうちゴールを決めたのは磐田戦での関口と道渕とMFだけ。手堅い守備がある程度機能している一方で、渡辺監督が「それほど多くない」と吐露する好機を確実に生かすため、ストライカーたちが奮起を誓う。
 川崎はここ3戦連続で白星から遠ざかり、前節は名古屋に完敗と元気がない。谷口、ジェジエウの主力の両センターバックは出場停止。ハモンロペスは「ホームで戦うことも含め、有利な部分は多い」と士気を高める。
 総失点18はリーグ3番目に少ないが、前に出てボールを保持するスタイルのため、DFの裏を突けば得意のカウンターがはまりやすい。長...    
<記事全文を読む>