サッカーJ1川崎フロンターレは15日、日本代表MF三好康児(22)=167センチ、64キロ=がJ1横浜F・マリノスと結んでいた期限付き移籍契約を、両クラブと選手の合意のもとで解除すると発表した。三好はベルギー1部リーグのアントワープに移籍することが決定的。2020年東京五輪の主力として期待されるアタッカーは、これが海外リーグ初挑戦となる。

 三好は川崎の育成組織出身で15年にトップチーム昇格。今季は横浜Mでプレーし、ここまでリーグ戦19試合出場3得点だった。

 U―15(15歳以下)時代から年代別の日本代表にも名を連ね、昨夏のアジア大会ではU...    
<記事全文を読む>