J1磐田の鈴木秀人監督(44)が14日、体調不良で休養することになった。同日の天皇杯3回戦のJ3八戸戦は小林稔ヘッドコーチ(43)が代行監督として指揮を執った。鈴木監督はこのまま退任する可能性が浮上している。
 鈴木監督は逆転負けした11日の湘南戦の翌日は姿を見せたが、練習には参加しなかった。クラブは急きょ、練習を非公開にしていた。
 小野社長は鈴木監督の状態について「回復の見込みは立っていない」と明らかにした。18日にG大阪戦を控えることから、クラブは小林ヘッドコーチに暫定的に監督就任を要請するとともに、後任監督の選定も進める。小野社長は「明日(15日)までには方...    
<記事全文を読む>