サッカーの天皇杯全日本選手権第5日は14日、3回戦16試合が行われ、横浜Mは横浜FCとのダービー戦を2-1で制した。

横浜M 2-1 横浜FC
(前 2-0 |後  0-1)

2000年の代表戦以来の共演

 華麗なる道を歩んできた2大スターのサッカー人生が、横浜FCで19年ぶりに交わった。

 後半17分。横浜Mのサポーター、敵将のポステコグルー監督も拍手を注ぐ中、途中交代を告げられた三浦は、中村に「頼んだぞ。まだチャンスはある」とキャプテンマークを託した。
...    
<記事全文を読む>