女子サッカーなでしこリーグ1部の「INAC神戸レオネッサ」が13日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターで合宿を始めた。31日に再開するリーグ戦に向けた強化合宿で、16日までトレーニングに励む。

 INAC神戸には、岩渕真奈選手(26)や鮫島彩選手(32)ら6、7月にあったワールドカップの日本代表選手5人が所属している。リーグ成績は現在3位で、このほどあったリーグカップでは準優勝だった。

 同町での合宿は初めてで、選手23人とスタッフ6人が参加。残り9試合となったリーグ戦の中休み期間を活用し、トレーニング施設「上富田スポーツサロン」で体づくり...    
<記事全文を読む>