サッカーJ1湘南ベルマーレは13日、チョウ貴裁監督(50)が選手やスタッフにパワーハラスメントを行った疑いがあるとして、Jリーグとともに調査に乗り出すと発表した。同監督は調査終了まで活動を自粛する。

 Jリーグは7月に匿名の通報を受けており、近日中にクラブから聞き取りを行う。13日の練習前のミーティングではクラブ幹部が選手に経緯を説明。今後は高橋健二コーチ(49)が中心となって指導にあたり、17日に本拠地のShonanBMWスタジアム平塚で行われる鳥栖戦も同コーチが指揮する見通しだ。

 チョウ監督は2012年にコーチから昇格。走力をベースとし...    
<記事全文を読む>