サッカーJ1川崎フロンターレのMF中村憲剛(38)が10日のリーグ第22節・名古屋グランパス戦で、史上10人目のJ1通算450試合出場を達成した。J2出身者、大卒選手ではともに初の偉業に「もう感傷に浸るとか感慨深いとかいう年齢ではないけれど、いろんな人のおかげでこの数字が成り立っているという感謝の気持ちはずっと持ち続けてきた」。30代後半にキャリアの全盛期を迎えた中村らしい記録でもあった。

 初出場は2005年4月3日のJ1第3節・ガンバ大阪戦(2●3)。もう15年近く前の試合を鮮明に覚えているのには理由がある。「遠藤保仁の化け物加減に度肝を抜かれた記憶がある。J...    
<記事全文を読む>