サッカーのブラジル1部パルメイラスからJ1神戸に復帰したMF佐々木大樹(19)が12日、チーム練習に初合流した。「まずはポジションをつかみ、ゴール、アシストの結果を残したい」と意欲を語った。

 「プレスの強度、速さが全然違った。判断を早くしないとやられるので、そこが成長したところ」。パルメイラスではU-20(20歳以下)が主戦場だったが、入団当初はトップチームの練習にも参加。その年のブラジルを制するイレブンにもまれ、プレーの基準を上げることができたという。

 昨年8月に期限付きで海を渡って以降、神戸の顔ぶれは一新された。世界的司令塔のイニエスタはすでに在籍してい...    
<記事全文を読む>