北海道コンサドーレ札幌は札幌ドームで浦和と対戦し、1―1で引き分けた。後半12分に先制を許すも、同23分にFW鈴木武蔵(25)のゴールで同点に追いつき、勝ち点1を死守した。通算は9勝5分8敗。FC琉球に移籍するMF小野伸二(39)は出番なしに終わったが、3万5000人を超えるサポーターが詰めかけ、感謝を伝えた。

 同点の後半ロスタイム。ペトロビッチ監督は3枚目の切り札としてMF中野を投入。小野のラストゲーム出場はなくなった。激闘の末、浦和と勝ち点1を分け合った札幌。小野はベンチで仲間の健闘をねぎらった。

 試合後には功績を振り返るVTRが流れ、満員のスタンドから...    
<記事全文を読む>