「自分たちらしさとは何か」-。このことを問いかけた。自分自身に問いかけ続けた。やってもやっても結果が出ない時期、このトンネルから抜け出せるのだろうかと焦る気持ちの中で、一度立ち止まって考える勇気を持った。

 リーグ戦で5連敗を喫した後、苦境に立たされる中で、原点に立ち返った。それは、全力で走り、前からボールを追い、身体を張り、愚直に粘り強く戦うサッカーだった。

 後半戦がスタートした七月七日の名古屋戦。「らしさ」があふれる戦いを体現した。試合開始5分、スタンドの名古屋サポーターからこんな声が聞こえてきた。「湘南の気迫がすごい」「毎日いい練習をしているのが分かる」...    
<記事全文を読む>