オープニングゲームは静岡県女子国体選抜が藤枝順心高に苦しめられ、終盤に追い付くのがやっとだった。10日から始まる国体東海ブロック大会に向けて、課題を残した。
 前半4分にCKの2次攻撃から失点。その後は球を支配したが、パスを何本つないでも相手を崩しきれなかった。終盤に小林(常葉大橘高)がCKを頭で決めて同点としたが、シュートは前後半合わせて2本だけ。山口監督は「選手が合流したばかりでチームの統一感が出なかった」と振り返った。
 東海地区の国体出場は1枠だけ。主将の千葉(筑波大)は「時間は少ないが、修正して粘り強く戦いたい」と力を込めた。

...    
<記事全文を読む>