サッカーJ2の横浜FCがクラブ新記録の7連勝を飾る快進撃を続けている。シーズン途中の監督交代や積極補強などで序盤の出遅れを取り戻し、J1参入プレーオフ出場圏内(6位)の4位まで巻き返した。今季のリーグ戦は残り3分の1余り。連勝記録の継続とともに、2007年以来のJ1復帰にも期待が高まっている。

 4日のリーグ第26節は敵地でアビスパ福岡に2―0の完封勝ち。新人MF中山克広がリーグ戦初ゴールを挙げ、記録達成に花を添えた。下平隆宏監督(47)は「内容は決して良くなかったし、いい試合ばかりで勝ち続けているわけではない」と話す一方、「選手がチームの約束事やプレーの原則を守...    
<記事全文を読む>