北海道コンサドーレ札幌は10日のホーム・浦和戦に向けて練習を行った。練習場にはFC琉球への移籍が決まったMF小野伸二(39)との別れを惜しむサポーターが多く詰めかけた。MF荒野拓馬(26)は小野のラストゲームとなる次節、感謝の思いをピッチ上で示すことを誓った。

 札幌を離れるレジェンドに、勝利で花道をつくる。5日、小野のFC琉球への完全移籍が発表された。同じボランチのポジションを争う荒野にとっては、小野はこれ以上ない手本だった。この日の練習後、荒野は「めちゃめちゃ寂しいです」と素直な思いを口にした。

 小野が加入した2014年。当時21歳の荒野は、あまりの技術の...    
<記事全文を読む>