サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌は5日、元日本代表MF小野伸二選手(39)が11日付でJ2琉球(沖縄県)に完全移籍することを正式発表した。札幌市内のファンからは「チーム躍進の精神的支柱だった」など惜しむ声が上がる一方、「新天地で活躍してほしい」とのエールも送られた。

 小野選手はワールドカップ(W杯)に1998年から3大会連続出場するなど日本代表で活躍し、札幌にはJ2だった14年に加入した。今季はけがもあり、出場はルヴァン杯2試合にとどまった。

 年間シートを購入し、ホーム試合はほとんど観戦しているという札幌市西区の会社員菅井一夫さん(42)は...    
<記事全文を読む>