明治安田生命J1リーグ第21節最終日は4日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムなどで3試合があり、サガン鳥栖は大分トリニータと2-2で引き分けた。通算成績は5勝3分け13敗(勝ち点18)で順位は一つ上がって17位。

 川崎は松本と0―0で引き分けた。首位FC東京と6差の勝ち点39で横浜Mと並び、得失点差で2位。名古屋は試合終了間際の失点で浦和と2―2で引き分け、10試合勝利なしとなった。

 第22節は8月10、11の両日にあり、鳥栖は11日午後6時から大阪市のヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪と対戦する。

鳥栖2―2大分

 鳥栖は後半終了間際に追い付き、2...    
<記事全文を読む>